HFJ・メサイア公演 人見記念講堂

今日はHFJ(ヘンデル・フェスティバル・ジャパン)のメサイア公演でした。
場所は昭和女子大の人見記念講堂。

この公演は、大学生の為の文化研究講座の1つでした。
ということで、2000人も入るホールに女子大生がびーっしりっ
と、なったのでした。

外部からの方も入場料を支払えば入れたようだったのですが、それを知らず、
こちらでは全く告知をしませんでした。すみません。。。

写真いくつか掲載します。

ゲネプロの様子。
今回は、非常に大きなホールだったので、オケも合唱もHFJとしては
かなりの人数でした。
ホール後方からの写真。
a0151389_2382632.jpg


今回は字幕も付いています。
2階席の方、見えていたかな?
a0151389_239397.jpg


大学講座の一環なので、メサイアは抜粋で少しコンパクトに。
私は、But thou didst no leave
I know that my Redeemer liveth
If God be for us,who can be against us?
の3曲を演奏しました。
メサイアは自分のレパートリーなのに、やはり、難しい(涙)
もっと上手く歌えたのでは、あそこのフレーズは・・・・・・。
など考え出すときりがないくらいです。

今回は、HFJでいつも素晴らしいアルトを歌われる波多野先生もご一緒でした。
弟子としては同じステージに立たせて頂くことに恐縮しながらも、
やはり幸せな気持ちがあります。

まだまだ自分が進化できると信じて、今年はメサイアをしっかり勉強し直す年に決めています。
また、先生とご一緒のステージに立てますように。
その時には、少しでも、進化できていますように!

静かに最後まで聴いて下さった昭和女子大の皆様、本当にありがとうございました。

****************
HFJ メサイア公演

指揮   三澤寿喜
ソプラノ 広瀬奈緒
アルト  波多野睦美
テノール 辻裕久
ベース  酒井崇

キャノンズ・コンサート室内管弦楽団
キャノンズ・コンサート室内合唱団
****************
[PR]
トラックバックURL : https://naohirose.exblog.jp/tb/22948512
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by purcellh | 2016-06-28 23:24 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

声楽家としてのお仕事のこと・英国留学のことなどをつらつらと書いています。良かったらお読み下さいね♪


by purcellh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31