産後の亜急性甲状腺炎 vol.1

うた♪にっき には あまり関係なさそうなタイトルですが、
歌い手としてもなかなかきつかった、甲状腺の病気。
だいぶ前に完治していてそろそろ忘れてしまいそうなので、書いておこうと思います。
この病気を発症させてから、甲状腺の病気と気が付くのに1週間〜10日かかりました。
これはかなり短い期間だそうです。それはネットのおかげです。
私のブログも誰かのお役に立てれば嬉しいです。

私は2014年の4月30日に出産しました。
初産、帝王切開。
産前は基本順調。
産後は貧血がありましたが、母乳も出たしそれなりに順調でした。

(初めてこのブログを読む方もいらっしゃると思うので)
私の職業は声楽家です。演奏の他、合唱団のヴォイトレや自宅での個人レッスンもしています。
産後3週間以降から、時々自宅に生徒が来ましたが、ほぼ仕事はしていませんでした。
仕事復帰は8月からでした(合唱団ヴォイトレと自宅の生徒のみ)

7月に初旬から酷い貧血になりはじめました。
とにかくフラフラ。
しかし息子が泣くので、フラフラのままベビーカーでお散歩をよくしました。
(ベビーカーで揺られている間は泣かなかったので、
自宅で抱っこしながらあやすよりは楽でした。)

今思えば、貧血のあたりで無理をしたかなぁと思います。
息子に冷房をガンガンあてるのが怖くて、
少し暑い中で過ごしたのも悪かったのかなぁと思っています。

体の変化

7月21日〜23日 喉に痛みを感じる。何かを飲み込むと喉がいたい感じ。しかし、風邪をひいたときは喉の内側が痛いのに、何となくそれとは違う感じ。痛みが結構ある日もあれば、少ない日もあった。

7月24日〜 痛みが進行する。物を飲み込むときの痛みが増してくる。ペットボトルの水は上を向いたまま飲めない。次第にご飯も飲み込めず、モグモグ噛むときは正面を向いて、飲み込むときだけ下を向く。(思い返すと結構おかしい食べ方・笑)くしゃみしても喉が痛い。歌うと喉が痛い(特に高音とビブラートがかかったとき)。振り向いて声を出す事が辛い。

更に夕方になると全然起き上がれない。体にムチを打って、なんとか子育て&台所仕事。

酷い肩こりが始まる。耳の後ろに剣山を思いっきり刺したい欲求にかられる。きっと刺したら、黒い血が流れてスッキリするような気がしていた。それほど耳の後ろが辛い。歯痛があるのかも?とも思えたし、耳の中が痛くて、耳の中もマッサージをしたりもした。

発汗が凄い。夏だから?授乳中だから?このへんはあまり気にしていなかったかも。

体重の減り方が急激。1週間で1・5キロ痩せる(思いっきり食べていました。)

これらの体調の変化をネットでしらべているうちに、甲状腺の病気かな?と思うようになりました。
これはまずいなぁと思い、これまたネットで調べた甲状腺の専門病院へ予約の電話をしました。
しかし、8月から仕事を復帰することにしたこと、
また私が病院へ行っている間に、息子の子守りを誰かにお願いしなければならないこと、
また病院が混んでいることから、予約が取れたのが2週間以上先のお盆中でした。
(それまで耐えられるかなぁ。)
そう思って過ごしている矢先、とうとう爆発しました。。。

今日はここまでにします。
病院へ駆け込んだお話しはまた次に♪

ポーランドの公園で撮った写真。

a0151389_18465741.jpg


[PR]
トラックバックURL : https://naohirose.exblog.jp/tb/23282775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by purcellh | 2016-10-12 18:50 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

声楽家としてのお仕事のこと・英国留学のことなどをつらつらと書いています。良かったらお読み下さいね♪


by purcellh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31