3.11

3月11日。
昨年は、仙台でモーツァルトのレクイエムを演奏しました。
あれほど、レクイエムを歌う意味を教えられた日はありませんでした。

今年は、一人静かにあの時を迎えます。

1人の人を愛しても沢山の人を愛しても、愛の大きさは変わらない
のだから、
1人の人の命も1万の人の命も、同じだけ大切だと思いたい。
そうとでも思わなければ、今日感じる悲しみと向き合えないような
気がします。

でも、やはり、7年前の今日、数え切れない人の命が天に昇って
いったことは事実で、
その惨さが、1人で静かにしていると、震えとして体の中を巡ります。

大切な方をなくした方々は、今日だけでなく、毎日そのような思い
でしょう。
災害を目の当たりにした方々は、今頃、心が締めつけられる思いでしょう。

息が出来ないほど、何も感じられないほど、悲しみの中にいる方達
のお気持ちが、
少しでも解けていきますように。
被災地に思いを馳せて、ただただ祈っております。







[PR]
トラックバックURL : https://naohirose.exblog.jp/tb/238383543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by purcellh | 2018-03-11 13:32 | Trackback | Comments(0)

声楽家としてのお仕事のこと・英国留学のことなどをつらつらと書いています。良かったらお読み下さいね♪


by purcellh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31