仙台バロックアンサンブル演奏会・終了♪

5月28日に仙台バロックアンサンブルの演奏会がありました。仙台バロックアンサンブルは、私が学生の頃から参加し、アンサンブルの魅力と基礎を教えてくれた少人数の合唱団です。私の高校の音楽教師である鈴木優子先生が作ってくださったのですが、優子先生の教え子で音大に進んだ生徒が沢山いるので、そのメンバーが元となり、男性も加わり既に20年以上続いています。

今回は、久しぶりに大きな演奏会と言うことで、バロックヴァイオリンと指揮に寺神戸亮さんをお迎えし、建て替えをされた母校「尚絅学院」の礼拝堂で演奏しました。

いつもは、演奏会終了後、ブログの更新を早めにパパッとするのですが、今回は久しぶりに「懐かしい場所」での演奏だったので、ブログも長めに書こうと思います。

まずは、演奏会2日前のソロ合わせ。ソロ合わせは鈴木優子先生宅でありました。
15:00〜器楽の方が合わせていて、18:00〜ソリスト合わせ。私は17;45くいらに優子先生宅へ着いたのですが、久しぶりにみんなに会ったので同窓会のようでした。メンバーには、神戸在住で日本の古楽界で華やかに活動している鈴木美紀子さん、宮城県芸術選奨新人賞もとって、仙台で大活躍されている高橋絵里さん、(お二人とも勿論私と同じ高校、大学出身、そして同じく合唱部出身です♪)に加え、私達3人よりもずっと若い、フランス帰りの鈴木真衣さん、東京在住の椿山芳さん・・・・・・と優子先生門下が久しぶりに集結しました。そのうえ、今回は、在仙の素晴らしいバロックヴァイオリニストの小池まどかさん、ガンビストのエマニュエル・ジラールさん、そして、東北学院大学で教鞭を執られている今井奈緒子さんもご一緒です。ついつい、おしゃべりに夢中になった頃に寺神戸さんが「みなさ〜ん、そろそろ歌う??」とお声掛け下さり(あっ、仕事だったんだ。)と思い出した私でした(笑)。ソロ合わせは和気藹々とすすみ、無事3時間で終了しました。

翌日は、爽やかな5月のお天気だったので、リハーサルの会場である母校まで歩いてみることにしました。実家から母校までは徒歩20分。久しぶりに歩きました。普段東京にいると、自然と触れあう機会を自ら作らないといけない衝動にかられますが、仙台は緑が豊かで気持ちが良いです。

仲の瀬橋から見た風景。(ちなみにこの川が広瀬川〜♪)
a0151389_10360370.jpg
仙台の緑は、豊かです。
なんだろう、東京の緑は「がんばってここにいます」という感じがしますが、
仙台の緑は、自由ですね。
私の通学路はこんなに緑豊かだったんだと気が付きました。
a0151389_10395975.jpg

澱橋から見た尚絅学院。分かりづらいと思いますが、写真左手が校舎と礼拝堂、右手の白い横長の部分が体育館になります。川の傍に建っています。高校時代、地理の先生に、「尚絅学院は河岸段丘に建てられています。」と教えられたなぁ〜。

a0151389_10412503.jpg

そして、新しくなった礼拝堂です。
a0151389_10145066.jpg
少し写真を載せすぎたので、また続きは別に投稿します。
つづく。(明日投稿予定!)








[PR]
トラックバックURL : https://naohirose.exblog.jp/tb/23925815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by purcellh | 2017-06-01 10:51 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

声楽家としてのお仕事のこと・英国留学のことなどをつらつらと書いています。良かったらお読み下さいね♪


by purcellh
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31